読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.30 Thu. 目標になるひと

明日で退職する。今日は引き継ぎや、後任のひとのこと、自分の転職のことを考えていたらなんだかヘトヘトになってしまって、重力が15倍ぐらいに感じて、ベッドに磔になるように起き上がれなくなって19時くらいに眠ってしまった。4時間くらい眠って、いま午前3時だ。テレビは通販番組しかやってない。

中高生の頃、こんなことが毎日だった。ヘトヘトになって、疲れ切って片道1時間半を帰り、部屋のベッドに倒れ込んで夕飯も食べずに寝てしまう。数時間眠って起きると9時とか10時とかで、そこから眠れない。朝6時には起きなければならないと思うと余計に眠れなくて、眠れないまま学校へ行ってヘトヘトになってまたループする。

あのとき、母に話をきいてほしかった。わたしは学校が疲れる、と話しても、いつも母の「中高生の頃自分がいかに頑張ったか」「あなたは甘えている」という話が始まってしまうから、いつしか話すことを諦めた。

誰かになにかを話すことは諦めてインターネットに没頭した。だってどうせ聞いてもらえないし、わたしが悪いし。

先日、半年間だけ一緒に働いた人と食事をした。親子ほど年上のひとだけれど、なんとなく同類だと思っていたら、やっぱり母親の問題を抱えていて二人でお酒飲んでゲラゲラ笑った。

立ち入ったことはきけないけど、あのひとに子供がいないのは、母親のようになりたくないからかもな、と思った。

「結婚して30年、実家に泊まったことは一度もありません!でも老いた母に向き合えるようになってきました。」と55歳のひとが言ってくれることに、安心した。母はわたしの目標にならなかったし、他に目標になるひともいない。だから少し似ているこの人みたいに生きてゆきたいな。大人になってからの母との向き合い方を参考にさせてもらえるかもしれない。

お世話になったひとは本当に素敵な女性でみんなに好かれていて、ファンがたくさんいる。それは中身が空っぽだから、みんなその人に自分の見たいものを映してみるのだと思う。わかる。わかるよ。

わたしたち、いい伴侶をみつけて本当に幸運でしたね、と二人で話した。わたしは結婚しているわけではないし、苛立つときだってあるけど、そもそも苛立った時に、「対話する」姿勢のあるひとと居られることがラッキーな巡り合わせだ。

疲れた、と言ったら、お疲れ様、とねぎらいあえる、当たり前のようなそれだけのことを人生でずっと求めて飢えて、手首を切り薬を飲み、わたしが、疲れて悲しいことをわかってもらおうとしてきた。だからいまは幸せだ。

振り返るとどうしてこんな人生を、どうしてこんな職場で、と、虚しくなる。だけどお陰でいい相手と付き合うようになったし、目標になるひとが、ひとり見つかった。それだけでも、ここにいてよかった。

Yは、わたしが仕事を辞めることを否定せず受け入れてくれた。だけどそれによって実際Yの人生計画は変更されていて、わたしもはやく、Yに、安心して仕事辞めていいよ!といいたい。いい転職先がみつかりますように。さすがにそろそろ寝よう。