17/06/15 Thu.

さいきんよくみるラジオみたいな書き出しのブログは自分にはやっぱりかけない。
短い文と章立てで進んでゆくのは読みやすくて楽しいと思うけど、ああいうノリに乗り切れない。
着ぐるみを着るような感じになる。
でも書き出しが定まってるとすごく書くことのハードルがさがって継続しやすくなる。
自分がブログというものから離れていた7年ぐらいの間に、そういうノウハウがかなり世の中で蓄積されたんだな。

ゆるいつながり

やっぱり店みたいなものを持ってみたい。
店というか、開かれた居間みたいなものというか、部室みたいなものを作ってみたい。
開かれていて、去るものを追わず、来るものは拒まず、ずっと居座る場所じゃないけど、たまに顔を出したくなるみたいな。
居心地がいいときも悪い時もあって、ゆるく繋がっていて、誰かの置いて行ったマンガ本とかが転がってるみたいな。
茶が飲める古本屋とかが理想っぽいな。
で、自由に使えるボロいパソコンとwifiが飛んでて、ボロいけど一人用のソファがいくつかあるような感じ。
東京じゃ無理だろうな。

広告を非表示にする